家庭でしっかりと行いたい食中毒の予防方法についてです。前回の続きになりまうが、続いては「調理」についての注意点になります。

<加熱調理する食品に関して> 十分な加熱を行います。調理を中断する時は、必ず冷蔵庫で保管しましょう。(笑顔)<「食事の時」の注意点について>食事をお皿に盛りつける時は清潔な手で行いましょう。更に盛りつけに使う器具については清潔なものを使います。食品を長時間室温で放置しない様にしてくださいね。「O157」などの場合は、室温にしておくとたった15分程で食中毒の原因菌が2倍以上に増殖します。注意しましょう。

<「残った食品」の注意点について> 残った食品は、保存容器に入れます。それで冷蔵庫に入れましょう。※この時、浅い容器を使った方が、食品が速く冷えますよ。残った食品を保存しておきます。<食中毒を予防するポイントについて>食中毒予防の三原則があります。簡単な予防方法です。ですから、しっかりと守って食中毒から身を守ってくださいね。(笑顔)買い物から後片付けまで家庭の中で出来る食中毒の予防方法があります。

<基本> 清潔加熱これらをしっかり守りましょう。当たり前のことを確認しているだけですがね。(苦笑)(笑顔)